インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【生活用品・サービス】小売一覧に戻る

小売業界概要


外資規制の緩和、人口の増加、一人当たり所得の増加やライフスタイルの変化により、インドの小売市場は今後最も成長が期待される業界のひとつである。Indian Retail Report 2012によると、2011年の小売市場の市場規模は、25.6兆ルピーと推定されており、過去数年間で年間12-15%の成長率で拡大している。

最近の動向として注目すべき点は、スーパーマーケット、ハイパーマーケット、百貨店やモールなど、モダンリテールと呼ばれるチェーン小売業態の発展であり、これらは最近まで小売市場の約6%を占めるに過ぎなかったが、2011年には8.1%を占めると予想され、年間では13.9%の成長率となっている。複数ブランド小売業の外資規制の緩和により、海外の大手小売チェーンがインドでの事業展開を計画しており、今後の小売業における市場競争の激化が見込まれる。

小売業の分野別市場規模は、食料品が67.6%、アパレル&衣類が7.3%、外食が4.7%、宝石類が4.1%の割合を占めており、その他、ホーム&インテリア、薬局、家電用品、パーソナルケア&フィットネス等によって構成されている。

インドの小売市場に展開する主要企業は、Pantaloon Retail、Tata Group、K Raheja Group、RPG Group等である。

 

小売市場の主な上場企業

企業情報をご覧いただくには、ログインが必要になります。
会員登録がお済でない方はこちらから(無料)。

下記の各企業の情報ページでは基本情報のみを公開しております。
最新の企業情報や詳細情報をご希望の方、下記以外の企業情報をお探しの方はインド企業調査サービスをご活用下さい。

インド企業調査サービス詳細ボタン02