インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【食品】ソフトドリンク一覧に戻る

ソフトドリンク業界概要

インドにおけるソフトドリンク(ノンアルコール飲料)市場は中間層人口の増加や急速な都市化や可処分所得の増加を背景に、過去数年間で急速に成長している市場である。

<コールドドリンク>
炭酸飲料の市場規模は600億ルピーに迫っており、年間成長率は10-12%である。

フルーツ飲料の市場規模は500億ルピーに達しており、年間成長率は35-40%と非常に高い。現在この市場はDabur、Parle Agro、PepsiCo、HUL等の企業が占有している。

機能性飲料はエネルギー飲料が市場のほとんどを占め、エネルギー飲料の市場規模は50億ルピーで年間成長率は25%である。

<ホットドリンク>

インスタントコーヒー市場の市場規模は800億ルピーと推定されており、今後5年は年間成長率4-5%のペースで成長すると見込まれている。インスタントコーヒー市場はHULとNescafeの2社に独占されており、両企業で市場の98%以上を占める。

一方、茶飲料市場は現在1,950億ルピーと推定されており、2015年までには3,300億ルピーにまで拡大すると予想される。ティー市場の主要企業は、HUL、Tata Global Beverageや地方で有力なWangh BakriやWarren Teaが挙げられる。

紅茶は伝統的に親しみのある飲料として家庭で消費されているが、国内のコーヒーの普及率は今だ16%に過ぎず、現在年間平均成長率8%のペースで急増している。スターバックスなどカフェの展開も進むなか、今後より急激な市場成長が予想される。
また、HULやNescafe等の企業は競争の激化に対して、プレミアム製品の展開を始め、通常の商品に比べ、プレミアムコーヒー及び茶飲料製品の売上げは年間平均成長率9-11%で成長している。

 

ソフトドリンク市場の主な上場企業

企業情報をご覧いただくには、ログインが必要になります。
会員登録がお済でない方はこちらから(無料)。