インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【エレクトロニクス】白物家電・生活家電一覧に戻る

白物家電・生活家電業界概要

ASSOCHAMによると、インドの白物家電・生活家電市場の規模は、2011年で3,400億ルピーであり、年間平均成長率15%で成長し、2015年には5,200億ルピーまで拡大することが予想される。成長要因として、他国と比較して未だに家電製品の普及率が低いこと、購買力を持つ中間層の増加、ローン等のリテール金融の選択肢の拡大、家電小売店やオンラインショップの増加等が挙げられる。

分野別カテゴリーは、洗濯機、冷蔵庫、エアコン、電子レンジなどの生活家電、テレビ、オーディオ、パソコン、携帯電話などの電子製品に別けることができる。

当業界の主要プレイヤーは、Samsung、Sony、LG、Whirlpool、Godrej、Hitachi、Videocon等であり、従来、白物家電・生活家電市場における韓国企業の存在感が強かったが、近年では日系企業も健闘している。

 

白物家電・生活家電市場の主な上場企業

企業情報をご覧いただくには、ログインが必要になります。
会員登録がお済でない方はこちらから(無料)。

下記の各企業の情報ページでは基本情報のみを公開しております。
最新の企業情報や詳細情報をご希望の方、下記以外の企業情報をお探しの方はインド企業調査サービスをご活用下さい。

インド企業調査サービス詳細ボタン02