インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【社会・インフラ】工具・工作機械一覧に戻る

工具・工作機械業界概要

 

インドの工作機械産業の市場規模は、2011年で1,176億ルピーであり、前年に対し15%増加した。
工作機械は、Metal Cutting Machine(金属切削機械)とMetal Forming Machine(金属成形機械)に区分別けすることができ、さらにNC機械と従来型器械にカテゴリー別けすることができる。カテゴリー別の市場規模は、金属切削機械市場が887億ルピー(対前年比11%増)、金属成形機械市場が309億ルピー(対前年比29%増)を占める。

従来の工作機械市場は海外からの輸入に依存していたが、2010-11年には販売量の33%を国内製造業者が占め、市場状況は変化しつつある。2016年までには消費量の50%以上を国内製造が占めることが期待される。

業界トップの10社が工作機械市場の70%を占め、その中でも国営のHindustan Machine Tools Ltdが30%以上を占めている。

 

工具・工作機械の主な上場企業

企業情報をご覧いただくには、ログインが必要になります。
会員登録がお済でない方はこちらから(無料)。