インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【自動車】いすゞ自動車、インド南部タミル・ナドゥ州にショールームをオープン

いすゞ自動車のインド法人はタミル・ナドゥ州コーヤンブットゥールにショールームを開いた。タミルナデゥ州で初の店舗であり、国内で2番目のショールームとなる。

インド事業担当副社長の若林茂氏によると、2012~2013年度に国内のショールームを拡張していく計画とのことだ。ただ具体的な拡張計画があるのではなく、今後10年の間に需要は350万台から1000万台にまで伸びるといわれるインド乗用車市場の需要増加を見ながら判断する模様だ。

同社はショールームだけではなく生産工場の建設を検討している。インドでの生産工場の建設候補地としては、大量生産を行うのに有利なインド南部の可能性が高いとのことだ。今回のインド南部でのショールーム出店も、インド南部の都市における顧客の好みを理解する狙いもある。

ただ建設候補地の選定は最終化しておらず、投資額も未定だ。決定には数カ月かかるものと見られる。生産可能台数としては、LCV及びSUVを年間10万台生産できるのが理想的であるという。

販売価格設定については、いすゞインドのSUV車は三菱のパジェロスポーツ等と同じ価格帯とのことだ。だがピックアップトラック価格は円高と輸入関税により、競合のMahindra & MahindraやTata製品と比較して高額になっている。

一覧に戻る