インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【自動車】日産自動車 インド市場に積極展開 製品開発や生産増強進める

フランス自動車大手Renaultと日産自動車は、インド市場をインドネシア・アフリカ諸国・南アメリカなどの成長市場に向けた新世代向け自動車開発のパイロット市場と位置づけ、製品開発や生産増強など積極的な展開を進めていく模様だ。

同社が発表した新世代の車両設計技術である「Common Module Family(CMF)」は、今後同社で開発される様々な新型車種の共通プラットフォームであり、異なる車種でも開発可能だ。

インドにおいて同技術を用いた自動車開発は、2015年頃からチェンナイの工場において開始される予定だ。インド国内で設計・製造された自動車開発が成功できれば、他地域への展開も狙う。

インド市場は現在景気が低迷しているにも関わらず、同社CEOのゴーン氏はインドに熱い注目を寄せている。インドの生産施設に対してはこれまで25億ドルを投資しているが、今後5年間で倍増する見込みもあるようだ。

ゴーン氏によると、今後多くの新製品が発表される見通しで、今後3年間で10車種を発売する。

インドにおける自動車販売台数は2016年には400万台に上ると予測されている。「当社はそれまでに年間60万台の生産を目指す。現在チェンナイの工場は年間40万台の生産が可能だが、それ以上の能力が必要だ」(同氏)。

一覧に戻る