インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【自動車】Nokia社、スマートカー関連技術企業に1億ドルを投資

インドでも急速に成長しているスマートカー市場を狙い、フィンランドの通信大手Nokia社は次世代の技術開発を行うベンチャー企業に対し1億ドルの投資を行うと発表した。また、今回の投資は同社の子会社、HERE社の地図・位置情報事業の製品やサービス拡大にも投入される予定だ。

今回設立された投資ファンド”The Connected Car Fund”は、Nokia社のベンチャーキャピタル部門、Nokia Growth Partners(NGP)により運営される。投資対象国は、現在NGPが投資している米国、インド、中国やヨーロッパが検討されている。

Nokia社の記者会見において同社は、「このファンドにより、我々は自動車のスマート技術業界において重要なイノベーションを開発する企業に投資する予定だ。」とコメントしている。

同社はこれまでHERE社と共にスマートカー向け位置情報サービスを展開しており、業界でも主要プレイヤーの業績を持っている。新たに設立されたNGPのファンドにより、Nokia社はHERE社の地図・位置情報の製品やサービス強化も目指している。

“The Connected Car Fund”の設立について、Nokia社の新President及びCEO、Rajeev Suri氏は下記のようにコメントする。「これまでNGPは、Nokia社にイノベーションだけではなく、経済的な効果をもたらすことに成功してきた。新たに発表された1億ドル規模の投資は、我々がスマートカー市場の潜在力に確信を持っていることを象徴している。」

また、Nokia Growth PartnerのPaul Asel氏は、「ここ数年間で急増している革新的な技術のおかげで、より安全・綺麗、連動性や機能性がよく、お手頃な価格帯の自動車が増えている。モバイルやタブレット端末のように、自動車も技術のプラットフォームとして注目を浴びている。」と述べる。また同氏は「我々はConnected Car Fundを通じたHERE社との連携強化により、次世代の自動車エコシステム技術を支える企業に投資できることを楽しみにしている。」ともコメントする。

この新規投資により、NGPが運営する投資額は総額7億ドルに達し、NGPにとってNokia社の4件目の投資案件となる。

一覧に戻る