インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【自動車】インドの自動車産業、今後数年は好転が予測される

国際アドバイザリー企業Mazars社が発表した調査レポート”The Indian Automotive Industry Expectation Survey 2014”によると、インドにおける自動車販売台数は2014年度に前年より4%増加し、2017年度までには2桁成長まで回復すると予測された。

この好調な成長率の予測は、近年低迷傾向にあった国内の自動車産業にとって非常に喜ばしい報告となった。インド自動車工業会(SIAM)の公開データによると、2013年度の国内自動車販売台数は前年から4.65%減少し、178万6,899台となった。2012年度には対前年比で6.69%の減少であった。

Mazars社のDavid Chaudat氏は、下記のように述べる。「2014年度、インドの自動車産業では、四輪車市場が4%、二輪車市場は7%の成長率を記録すると予測している。今回の調査では、人口1000人当たりの自動車保有数はヨーロッパで500台であった一方、中国では100台、インドではわずか20台であることがわかった。」

インド自動車産業の回復は、国内販売台数の拡大だけではなく、自動車メーカーが積極的に海外展開していることも要因であると報じられた。同調査レポートによると、将来的な有望市場としてアフリカへの輸出促進を検討している地場メーカーが増えているとのことだ。

一覧に戻る