インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

インドの自動車産業、10年後には世界最大規模に到達見込み

インドの自動車産業は今後10年間で急速な成長が続けば、世界最大規模の自動車市場となる可能性がある。

インドの道路交通・高速道路・船舶相のNitin Gadkari閣内相によると、同産業は現在約4兆5,000億ルピー(約7兆2,000億円)であり、10年後までに4倍に成長し、約20兆ルピー(約32兆円)規模に到達すると予測されている。

Nitin閣内相は、インド国内の自動車産業の飛躍は、自動車メーカーが革新的な商品の研究開発や品質にこだわることがカギであると主張する。そのために、政府は雇用創出を促進させる政策を打ち出していくと述べる。

また、メイクインインディア政策のもと、国内の製造業や自動車輸出を促進させるために、政府は国内の主要港の施設整備に力を入れているそうだ。同氏によると、去年ムンバイ港湾組合から輸出された自動車の台数は15万8,000台であったが、今年は20万台に増加する見通しだ。また、近年インド政府は内陸の製造工場から港までの輸送コストを削減するために、水路輸送の設備や間接税の問題改善に動いている。

 

一覧に戻る