インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【IT】オンラインショッピング検索にてアパレル・アクセサリー分野が上位に

Google Indiaの調査によれば、2013年のインドにおけるオンラインショッピングにおいて、ユーザーが検索する際に入力する語句の頻度として家電製品を追い抜きアパレル・アクセサリー製品が多くなると予想されている。この調査結果は、Google Trendsのデータと、2012年11月に実施された800人を対象とするTNS Australiaのオンラインリサーチを元に作成されている。

Google Indiaの調査によれば、2012年での家電についての検索件数の比率は34%、アパレル・アクセサリーが30%であった。以下、書籍(15%)、美容・健康(10%)、住居・家具(6%)、医療(3%)、ベビー用品(2%)と続く。

「2013年は、アパレル・アクセサリーの検索シェアが35-36%にまで伸びる一方で、家電が34%から30%前後にまで低下することが予想される。アパレル・アクセサリー関連で、利用可能な選択肢が増えるためだ」と同社Nitin Bawankule氏(Industry Director-Ecommerce, Classifieds and Media)が現地報道に語った。

また、オンラインショッピングでの検索数自体も2011年から2012年にかけて検索クエリ数が倍増している。インドでは、携帯電話によるインターネット利用が増加しており、その携帯電話利用者が背景にあるとGoogleは指摘する。また「オンラインショッピング成長の最大の理由は、多様な商品や商店街が物理的にない小さな村での成長の伸びにある」(Rajan Anandan氏, Vice-President and Managing Director, Google India)とのことだ。

「2012年、約800万人のインド人がオンラインショッピングを利用している。オンラインショッピングは急速な成長を遂げており、今後も急激な成長を続けるだろう」(同氏)

 

一覧に戻る