インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【保育】インド児童サービス市場開発を狙うベンチャー企業 

デイケア・保育所についての疑問から、子供向けイベントの詳細まで全ての情報を“mycity4kids”は網羅している。同サービスは、Vishal Gupta氏が立ち上げたオンラインマーケットプレイスである。

2児の父親であるVishal氏は、子供向けのイベントや学校に係る情報の取得が非常に困難であると考えていた。

そこで同氏は、こうした情報を得るための単一プラットフォームがあるべきだと考えた。このプラットフォームでは、子供に関連した情報を得ることができるだけでなく、お勧め情報の提示や、オンライン予約まで可能だ。

同氏は、15年間続けてきた企業勤めを辞めて、インドの困っている多くの親に向けて様々なサービスの情報を提供するお手伝いをすることを決意した。サービスのターゲットは、14歳以下の子供とその両親である。2010年まで同氏はAviva Life Insurance社のDirector (Marketing)であった。同氏はIIM Bangalore のMBAを取得しており、現在38才。Aviva Life Insurance社の中では、子供向けの保険プランを企画していた。

同氏によれば、社内で子供向け保険を取り扱う中で、一年間で子供向け保険プランからの売上が1%から15%にまで拡大したことがわかった。この需要の拡大が、同氏が子供向け事業を立ち上げる動機となった。

Aviva社での同僚であったAsif Mohamed氏とPrashant Sinha氏の協力の下、個人の貯金の中から500万ルピーを投資し、同氏はe-commerceの会社を同年に立ち上げた。

2012年5月に、同社はYourNest Angel Fund社から資金調達を実現した。同社は2013年内に、他のベンチャーキャピタルからも投資を受ける計画だ。

「子供の親というものは、良いエンターテインメントなど子供の教育に係るあらゆる機会に投資をしたがっている。保育所などの子供向けサービスのマーケットは急速に伸びているにも係わらず、あらゆる教育機会をまとめたWebサービスはインドになかった。また、同サービスのおかげで、仕事の都合によって引っ越しをした際にも、転入する学校や音楽教室、娯楽が集まる地区などを簡単に調べられるようになった。」(同氏)

マッキンゼーのレポートによると、インドの児童サービス市場は、情報サービスの他、おもちゃ・スポーツ・健康・教育・デイケア・保育所・レクリエーション・エンターテインメント・健康などを含めると、1500億ルピーとされている。

babyoye.com, hoopos.com, firstcry.comなど、オンラインサービスプレーヤーはいくつかあるものの、すべての児童関連サービスを網羅しようと計画を進めているサービスは、mycity4kidsだけである。

・拡大施策

同サービスはデリーNCR地域限定で2010年10月にオープンした。その後、たった1年の間にムンバイ、ハイデラバード、チェンナイ、バンガロール、プネに拡大した。2014年度末には、同サービスは、インドのトップ16都市と海外1都市進出を目指している。

Vishal氏は、「現時点で年間1000万ルピー以上の売り上げがある。2015年度末には売上高3億ルピーを目標としている。」と語る。同サービスには、日次で6~7000人の利用者がおり、その内3割はリピーターである。BtoB向けの活動としては、児童向け事業を展開する中小企業向けに、Web上でのソリューションを提供している(顧客対応、決済システム、プロモーション)。同サービスを、年間2500ルピー~10万ルピーで提供している。これまでに、3万もの企業に対してサービスを提供してきた。

「過去100日間で、400の中小企業(SME)と取引をした。今後は、ソーシャルメディア活用についても企業向けソリューションに組み込んでいく予定だ。」(同氏)

 ・キーテーマ

BtoC領域のサービスにおいて、キーとなっているのは、各ユーザー属性に合わせたレコメンデーション機能や掲示板などのサービスの使いやすさだ。

しかし、過去2年間の同サービスの道のりはバラ色ではなかった。2012年1月には、投資家の一人が同社のビジネスモデルに疑問を感じ、5000万ルピーの投資を引き揚げてしまった。また、市場も当時はまだまだ初期段階にあった。

「こうした状況を打破するため、我々は顧客が街のどんな情報でも得られるようにし、さらに、他の親からレコメンデーションを受けられる機能も追加した。」と同氏は語る。当時は、同サービス内に決済システムが導入されていなかったが、これにもすぐに対応した。あるイベントと共にオンライン予約機能が導入されたが、その際のチケット取引の80%がWeb上で行われた。

一覧に戻る