インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【IT】2013年のオンライン関連ビジネス市場予測 6,296億7,000万ルピー見通し

インドインターネット・携帯電話協会(Internet and Mobile Association of India:IAMAI)のデジタルコマースレポートによると、インドのオンライン関連ビジネスの市場規模は2013年度 6,296億7,000万ルピーと見込まれ、2012年12月時点の市場規模4,734億9,000万ルピーから33%拡大すると予測されている。

オンライン関連ビジネス市場において、過去3年間で最も成長したのはオンライン旅行業界だ。2009年時点では1,495億3,000万ルピーであったが、2012年は3,454億4,000万ルピーであり、年平均32%の成長率だ。2013年は,490億7,000万ルピーに達すると推定され、オンライン関連ビジネス市場全体の71%を占める。

オンライン関連ビジネスのうち、オンライン小売業は2009年時点で155億ルピーであったが2012年はオンライン関連ビジネス市場の16%を占める645億4,000万ルピーであり、2013年度は1,000億ルピーを超える見通しだ(オンライン小売業には、電子機器やアパレル、靴、ジュエリー、家庭用品、キッチン用品、家具など様々なコンシューマ製品やサービスの購入などが含まれる)。

また、各種金融サービス(保険料・更新料の支払、公共料金や携帯料金の支払いなどの金融サービスは、デジタルコマース市場全体の6%(288億6,000万ルピー)を占め、2013年度は360億7,000万ルピーに達する見通しだ。

オンライン広告市場も拡大している。2012年に235億4,000万ルピーに達し、2009年から年率で45%拡大している。2013年度は30%拡大し306億1,000ルピーになると予測されている。

 

一覧に戻る