インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【モバイル】インド携帯電話業界、2020年までに4,000億ドル規模へ

Groupe Speciale Mobile Association(GSMA)の報告書によると、インドの携帯電話業界は2020年までに、国内総生産(GDP)の4,000億ドル(約216兆ルピー)占め、410万人の雇用を新しく創出する可能性がある。

GSMAは通信会社向けの世界的な協会であり、ボストン・コンサルティング・グループと共にインドの携帯電話市場に関する調査報告書”Mobile Economy India 2013”を発表した。同報告書によると、携帯電話業界は現在インドのGDPの約5.3%を占め、2012年には73万人の直接的な雇用を創出した。

しかしながら、同協会のDirector General、Bouverot氏は、インドの規制環境は同業界の成長を妨げるであろうと指摘している。「インドの携帯電話業界は急速に成長している分野である一方で、予測可能で長期的な政策の欠如等、成長を支える規制環境が不足している。例えば、インドにおける周波数帯は非常に低く、人口密度を考えると今後周波数帯を増大する必要がある。産業発展を促進させるためには、政府は既存の金融政策ではなく、官民提携のプロジェクトを積極的に実施するべきだ。」と語った。

一覧に戻る