インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【eコマース】インドのEC市場、2015年度に180億ドル規模へ

インドのeコマース(EC)市場は、2009年度以降、年間30%で成長しており、2015年度には180億ドル(約1兆1,160億ルピー)に達すると予想される。

Macquire Equities Research社が発表した報告書“Indian Ecommerce-Tip of the Iceberg”によると、インターネットの普及に伴い、3億人以上含む中流階層にも携帯電話やECの利用が広まっている。

同報告書においてAtul Soni氏とNitin Mohta氏は「欧米と比較すると、インドのEC業界はまだ初期の段階である。GDPに占めるECによる売上の割合は世界平均で1~3%である一方、インドでは未だ約0.6%に過ぎない。また、米国ではインターネット利用者の約64%、そして中国でも50%以上がECを利用しているにもかかわらず、インドでは現在12%程度である。」と指摘した。

また、インターネットをベースとした企業の内、現在インドの市場で上場しているのはインド最大のジョブポータルnaukri.comを運営するInfoedge社とインド最大のローカル検索サイトjustdialを含む2社のみである。EC業界において次々と企業が上場することにより、さらに市場の成長が見込めるだろう。

同報告書は「我々は様々なEC企業の創業者や経営者との対談を通じ、今後1~2年で売上や収益が軌道に乗り始める企業が増加していくと感じた。そろそろIPO企業が増えてくるはずだ。」と述べる。

さらに市場の性質も他国と比較して特徴的であり、現在EC市場全体の71%を旅行分野が占めている状態である。しかし、e-tailing(電子小売)分野は2009~13年度において年間59%増で拡大している最大の成長分野であり、現在EC市場の16%を占めている。

欧米と比較すると、インドのEC業界はまだ導入時である。しかし業界が成熟すれば、インドの小売業界全体においてEC業界が占める割合は欧米よりも大きくなる可能性があると予想される。

報告書では、「ネットショッピングは今後、インドの若者の日常生活において主要な買い物手段となるだろう。」と提言されている。

一覧に戻る