インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【通信】インドの通信サービス契約者数、2014年1月に9億2,200万人を突破

インド電気通信規制庁(TRAI: Telecom Regulatory Authority of India)の情報によると、インドにおける情報通信サービスの契約者数は2014年1月に9億2,200万人を突破した。2013年12月末時点では9億1,150万人であり、1ヶ月で0.75%増加した見込みだ。

情報通信サービス契約者全体における農村部契約者の割合は、2013年12月時点で39.97%であったのに対し、2014年1月には40.14%に増加した。実数でみると、12月で3億6,570万人、1月には3億7,000万人に到達している。また、契約者数の月間増加率は都市部で0.47%、農村部で1.17%であった。

TRAIによると、携帯電話の契約者数は2013年12月時点で8億8,630万人、そして2014年1月には8億9,330万人に達した。同期間中、携帯通信業界のトップであるBharti Airtel社が最も多い新規契約件数243万3,000件を獲得し、同社のユーザーベースは2億80万人を超えている。

現在、インドの情報通信サービス市場では、Bharti Airtel社が22.48%、Vodafone社が18.16%の市場シェアを占めており、Idea Cellular社やReliance Communications社、公営のBSNL社やMTNL社などの主要キャリアが次ぐ。
TRAIの報告書によると、インドの携帯電話サービス市場では民間のキャリアが89.01%のシェアを占めており、唯一の公営系キャリアであるBSNL社とMTNL社のシェアは計10.99%に留まる。

また、インド国内のブロードバンド契約者数は、2014年1月の時点で5,690万件と報告されている。ブロードバンド市場では総契約者数の82.57%をトップ5社が占めており、BSNL社が1,654万人、Bharti社が1,149万人、Reliance社が707万人、Idea社が626万人、そしてVodafone社が563万人の契約者を抱えている。

一覧に戻る