インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【家電】Samsung India社、人口10万人以下の村で販売店舗を積極展開

韓国の電機大手Samsung India社は、インド国内の人口10万人以下の小規模な村や町で新たに3,000~4,000拠点の販売店舗を開設し、電化製品の普及が遅れている未開拓市場において売上拡大を目指す。
インドのスマートフォンおよび薄型テレビ市場においてSamsung社は現在トップを獲得しているが、近年ではApple社、Sony社、Micromax社やKarbonn社などの競合の参入により競争は激化している。

Samsung India社Mobile Phones & Digital Imaging部門Country HeadのVineet Taneja氏によると、今年度インドの電化製品メーカー各社はTier IVやV都市への展開を強化させており、合わせて1,000店の新店舗が開設されると予測している。同社は、人口10万人を下回るこのような小規模な村や町において、既に10店の販売店舗を試験的に展開している。

同氏は下記のように述べる。「モダン小売チェーンが未だ進出できていない中、このような小さい村や町で店舗を運営することはチャレンジとなるだろう。しかし我々は、大都市で展開している通常の新規店舗より四分の一の早さで損益分岐に到達できるよう、既存の店舗より固定運営費を削減させ店舗設計の見直しを行った。」

Taneja氏によると、これらの小売店舗は平均300~400平方フィートの面積で設計されており、卸業者から毎日製品を仕入れることにより在庫数を引き下げ、運営費を抑えている。
「特にエントリーレベルから中級レベルのスマートフォンや、ボリュームゾーンとなるテレビ製品の売上に期待している。中には”Galaxy S5”のようなフラグシップモデルを購入する消費者もいるだろう。」(同氏)

同社は現在、フランチャイズ方式でインド国内で2,000店以上の販売店舗を展開しており、その内1,100店舗がスマートフォンやタブレット端末の専門店”Smartphone Cafe”である。業界データによると、”Smartphone Cafe”店舗での売上は、同社のスマートフォン事業の売上の約15~20%を占めている。しかし近年では、このような特定製品の専門店の展開を停止し、Samsungのすべての製品を取り扱う販売店舗で統一展開していく方針を示した。

調査会社IDC社のデータによると、2013年12月締めの四半期にSamsung社はインドの携帯電話市場において19%のシェアを占めており、Micromax社が13%、Nokia社が12%と続いた。
国内のスマートフォン市場においても、Samsung社は販売台数ベースで市場シェア38%を獲得しており、Micromax社が16%、Karbonn社が10%を占める。また、薄型テレビ市場では、Samsung社が33%、そしてSonyが28%の市場シェアを占めている。
携帯電話事業の飛躍に牽引され、2013年にSamsung India社の売上高は3,800億ルピーに達し、前年に対し40%以上の増大となった。Taneja氏によると、エントリーレベルのフィーチャーフォンの販売にも注力したことが競合との差別化となり、同社にとって重要な成長要因となったとのことだ。「販売台数で見れば、インドでの携帯電話の売上の約80%はまだフィーチャーフォンである。我々の製品の販売価格は業界の平均より約30%高く設定されているが、製品ラインアップを充実させることにより、バランスが良い売上を保つことができている。」
また、Taneja氏は近年激化している市場競争について下記のように述べる。「インドの携帯電話市場は去年8,000億ルピーと推定されており、2014年には1兆ルピーに到達すると予測されている。市場機会は非常に大きいが、現状としては業界のトップ4社が約75%を支配し、今後もその独占状態は続く見通しだ。」

一覧に戻る