インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【Eコマース】インドのeコマース市場における成長分野(1/2)

※本記事は前編・後編に分かれております。後編の掲載は9/22(月)に予定しております。

 

Nomura India社が発表した調査レポートによると、インドのeコマース市場は現在の100億ドルから、5年後には430億ドルに拡大する見通しだ。同市場は11つの主要分野に分類されており、主要企業数は42社に及ぶ。

「マルチ・カテゴリー」
複数の商材を取り扱うマルチ・カテゴリーの分野は中でも最も急速に成長しているカテゴリーであり、Flipkart社、Snapdeal社とAmazon社のトップ3社のみで今年度40億ドルの累計売上が推定されている。マルチ・カテゴリー分野の小売業者のほとんどがマーケットプレイスモデルで事業展開しており、特に倉庫施設や配送体制に多額な投資を行っている。Snapdeal社のCEO、Kunal Bahl氏は、「当社は近々、戦略的な合併を行う予定だ」と述べる。ベンチャーキャピタル企業のAccel Partners社によると、インドのオンライン小売(e-tailing)市場は2013年の20億ドルから2016年には85億ドルに拡大する見込みである。

「旅行予約」
旅行ポータルはインドのeコマース市場で最大のカテゴリーであり、IAMAIのデータによると市場規模は80億ドルで市場全体の70%を占めていると推定される。
これまでは航空券の予約が大半を占めていたが、近年大手旅行ポータルサイトはホテルやホテルと航空券のパッケージ販売に注力している。Nomura India社の調査レポートによると、ホテル予約の利用率はわずか7%程度である。国内最大の旅行ポータルサイト”Makemytrip”の創業者兼Group CEOのDeep Kalra氏は、「ホテルの掲載手数料は航空会社と比べ3倍程度である」と述べる。
また、近年ではスマホやモバイルアプリを活用する企業が増えている。「モバイルは旅行サービス企業にとって最適な販売チャネルであり、簡易な旅行手配の体験を提供することにより、顧客に対してリアルな価値を提供し高い利用率を獲得することができる。」(同氏)

「ファッション・生活用品」
オンライン小売市場の内、ファッション・生活用品分野は約25%を占めており、家電に次ぎ2番目に売上が大きいカテゴリーである。同カテゴリーはFlipkart社系列のMyntra社やJabong社などの大手プレイヤーに支配されており、市場競争は非常に激しい。今年度200億ルピーの売上を目標としているMyntra社は、”Roadster”や”Dressberry”というプライベートブランドの展開も開始した。他社ブランドの利益率が35%である一方、自社のブランドの利益率は最大60%であるとのことだ。競合Jabong社も海外ブランドやデザイナーと独占契約を提携し、自社のプライベートラベル製品を展開している。また、近年では”Fab Alley”、”Zovi”や”Yepme”など、ネット限定のブランドも出現している。

「家具」
家電とファッション・生活用品に次ぎ、家具はオンライン小売市場で3番目に大きい分野であり、業界主要プレイヤーの売上は今年度3、4倍に拡大する見通しだ。Norwest Venture Partners India社のManaging Director、Niren Shah氏は、「インドの家具市場は現在150~200億ドルと推定されているが、リアル店舗における選択肢が少ないことが課題である」、と述べる。家具販売を手掛けるオンライン小売分野では、Pepperfry社やUrban Ladder社が主要企業であり、マーケットプレイス型のSnapdeal社も家具製品を取り扱っている。しかし、同市場への参入は難しいと言われており、Urban Ladder社の創業者兼CEOのAshish Goel氏は、「家具の販売には特殊なサプライチェーンや製造者との運用体制の構築が必要である」と述べている。Pepperfry社も、製造業者と連携し配達時に家具の組み立てを行うサービスを立ち上げる予定である。

「食料品」
食料品市場は小売業界で最も大きな分野であり、市場全体で現在3,500~4,000億ドルと推定されている。Orios Venture Partners社のRehan Yar Khan氏は、「食料品のオンライン販売の最大の魅了は利用頻度が高いことである。」と述べる。しかし、食料品を扱うためには現地の調達体制、倉庫施設やサプライチェーンを構築する必要があり、企業各社は展開地域を拡大する上で多くの課題に直面している。その中でも “BigBasket”は3つの主要都市においておよそ12,000~13,000種類の品揃えを展開しており、成功事例として注目を浴びている。

 

(後編に続く)

一覧に戻る