インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【モバイル】Googleの低価格スマートフォン“Android One”、インドで発売開始

2014年9月、Google社はインドのMicromax社やKarbonn社、Spice社などの携帯電話メーカーやAirtel社やReliance社などの通信会社と提携し、インドで低価格スマートフォン”Android One”を発売した。当デバイスの販売価格は6,399ルピーからとなる。しかし、インドの低価格スマートフォン市場での戦いはGoogle社にとって簡単ものではないだろう、と現地の調査会社IDC社は見解を示す。

 

同社は下記のようにコメントした。「”Android One”のマーケティングには既に膨大な投資が行われているものの、インド市場の開拓はGoogle社にとって厳しい状況となるだろう。Google社は中国でのアクセスが規制されているため、同社は次の10億人消費者市場であるインドに巨大な投資を行うことが必然となった。」

 

新商品“Android One”の発売はインドが初の市場となる。今後数か月でインドネシア、フィリピン、パキスタン、バングラデシュ、ネパールやスリランカなどの市場でも発売が予定されている。

 

IDC社は、低価格スマートフォン市場において”Android One”が成功すれば、Google社は本業であるクラウドサービスへのレバレッジ効果を期待することができると述べている。「”Android One”は、Google社がAndroidユーザーを開拓し、Google検索、Googleマップ、Google Nowやその他のサービスを普及させるために非常に重要な役割を果たすだろう。一貫性の高いユーザー体験により、利用者のエンゲージメント、及び最終的には売上の向上が期待される。」(同社)

 

また、同社によると、”Android One”の売上は好調となる見込みである。従来の携帯デバイスの数倍安い価格で十分な機能を持つデバイスを投入することにより、低価格スマートフォン市場を再編成することが期待されている。

一覧に戻る