インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【Eコマース】インドの家電メーカー、ネット上の大幅な値下げに警告を通知

インドの大手ECサイトFlipkartが実施した大規模なセール”Big Billion Day”では、家電製品を含め様々な商品が破格的な値段で販売された。このような大幅な値下げに対しLG社やSamsung社、Videocon社、Sony社、Panasonic社などの家電メーカーは、ネット上の販売価格も小売店舗の価格と公平性を保つ必要があると厳しく批判し、マーケットプレイス上、メーカーの承認なしで販売された商品にはアフターサービスや商品保証を付けないとECサイト各社に警告している。

 

これを受け、Snapdeal社やAmazon社が後日実施した特別セールでは市場価格を大幅に下回る商品は比較的少なくなったようだ。例えば市場価格35,000ルピーであるAppleのiPhone 5sは、Snapdealのセールで小売店舗における値引き率と同様となる10%引きの31,499ルピーで販売された。

 

Flipkartのセール後、多くの小売店舗がメーカーに不満を訴えており、今回の警告は同じ様な事態を防止するためにメーカー各社が打ち出した対策である。Flipkart社に対し、最初に批判の声を挙げたのはLG社であった。同社は、インドのECサイトで販売を認めている販売業者はいないため、ネット上で販売されているLG社の製品の正規性を保証することはできず、アフターサービスや製品保証を付けることもできない、と発表した。

一覧に戻る