インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【生活家電】Godrej Appliances、BOP層向けの低価格新製品の展開拡大狙う

インド大手家電メーカーGodrej Appliances社は農村部での需要の増加を踏まえ、価格帯を3,000ルピー以下にしたBOP層向けの新製品を発売する。

浄水器や洗濯機の低価格製品については、3,000ルピーの冷蔵庫“Chootukool”を発売した後のここ3年の間に検討されている。

同社COOのGeorge Menezes氏によると「BOP層を対象とした、電気を必要としない浄水器などの新製品展開に向けてテストを行っている」という。浄水器については流水や電気を必要としない貯蔵タイプを検討しているようだ。

Chootukoolは過去3年間、タミル・ナドゥ州やグジャラート州、マハラシュトラ州などでパイロット展開されているが、今後はインド全土へ拡大する計画だ。「インド市場の70%は農村部だ。新製品を追加し拡大を図る」(同氏)考えだ。

Godrej Appliances社はすでにプレミアム製品市場を獲得し、大衆向けのブランドも展開している。また電子商取引のような新しい流通経路も近年同社内で積極的に検討されており、「現在では、電子商取引の売上が当社全体の10%を占める。今後2年間で、電子商取引による売上は20億ルピーに達すると期待している」(同氏)。昨年の夏はエアコンの売上が不調だったが、「ここ2週間北部・中央部で好調」(同氏)であり、今年は回復すると見ている。

同社は電子レンジなどの分野でも革新を行い、ピザメーカーや7つ星の省電力エアコンなども展開している。

 

一覧に戻る