インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【アパレル】インド・アパレル業界、2016年度まで毎年8%成長見込み:市場予測

Care Research社によると、インドのアパレル業界(2012年度2兆260億ルピー)は政策改革や経済回復、新ブランドの参入などにより需要の回復につながると見ており、今後3年間で年平均8%で成長し2016年度に2兆7,460億ルピーに達すると予測されている。

同業界は2007年度の1兆2,600億ルピーから2012年度2兆260億ルピーまで毎年約10%の成長を続けてきた。これらの成長は、1人当たりの可処分所得の上昇によるものと見られているが、変化するファッショントレンドや消費者の生活水準の上昇、都市化といった影響に加えて、小売店の普及やサービスの向上、デザイナー衣類の拡大などの業界内の要因も市場拡大につながった。

だがインド経済全体の低迷により、近年のアパレル業界の成長率も低迷し、2013年度の成長率は前年比4~5%と低い率になるとみられている。

同社の見立てでは、市場のニーズは徐々に回復すると見込んでいる。2014年度のアパレルの需要回復につながる様々な施策として、衣類などの消費税撤廃の再実施が2013年度予算案で発表された。また、アパレルの需要の回復と、海外の小売ブランドによる外国直接投資提案の許可を迅速化するのではないかと予測し、市場規模は拡大すると見ている。

 

一覧に戻る