インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【プリンター】Brother International社 2017年にシェア25%獲得目指す 販売・物流強化進める

日本の大手電機メーカーBrother International社は、インドのモノクロレーザープリンター市場において、2017年までにシェア25%獲得を目指すと発表した。

2013年7月に、 3種のモノクロレーザープリンターの新製品を発表した。それぞれ単一機能レーザープリンター(価格約5,000ルピー)が1種、多機能プリンター(価格9,090ルピー、13,100ルピー)が2種展開される。

同社は現在市場シェア4%であり、上記のの目標達成に向けて今後販売チャネル開拓や 物流改善を進めていく模様。同社は現在ムンバイに保有する倉庫に加えて2013年1月に新たに9施設の倉庫を拡充した。また、ディーラーからの直接入札を開始したところ、注文が確定するまでの時間が格段に早くなったという。

一覧に戻る