インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【生活家電】シャープ 2015年までにインドでの売上500億ルピー目指す

Sharpインド法人のSharp Business Systems (India)社は、現在の売上90億ルピーから、2015年までに売上500億ルピー達成を目指す。

同社はインドにおいてOA機器や消費財、太陽電池等を販売している。マハラシュトラ州Pune付近の工場においてエアコンとLEDテレビを生産し、他製品は国外から輸入している。

同社CEO (India region)兼MDのSunil K. Sinha氏によると、同社はインドでの地位を強化し、過去2年間成長を続けてきた。「当社は革新的で高品質な製品で知られている。当社の低価格製品が他の製品に比べ若干高くても、消費者は満足するだろう。インド市場は決して数年前のような価格に敏感な市場ではない」とし、人々は高品質な製品の購入も厭わないと見ている。

同社の冷蔵庫にはプラズマクラスターやハイブリッド冷却という2つの技術が使用されている。乾燥の防止・均等な冷却・食品の鮮度の保持が可能だ。

エアコンは、インバータ技術を採用することで省エネを可能とし、電気代を大幅に節約できる。コンプレッサーは直流(DC)で作動する。

同社が展開するLEDテレビは、3原色(赤・緑・青)に黄色を加えることでオリジナリティを打ち出している。

これまで同社の販売拠点は大都市に集中していたが、現在はフランチャイズ展開によりアンドラ・プラデシュ州Visakhapatnam等のTierⅡ都市に進出している。フランチャイズ展開した店舗はHyderabadにもあり、次はVijayawadaを検討している模様だ。

一覧に戻る