インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【生活家電】インド薄型テレビ市場 2015年63.9億ドルに拡大見込み

インド薄型テレビ市場では、デジタル化の流れや製品の低価格化に加えて買い替え需要が重なり、市場が拡大しつつある。

インドのリサーチ会社Frost & Sullivan社によると、2012年度のインド薄型テレビ市場の市場規模は35億5千万ドルであったが、2015年までには21.7%拡大し63億9千万ドルの規模拡大を見込んでいる。

薄型テレビ市場は、液晶ディスプレイ(LCD)やLED液晶ディスプレイ、プラズマディスプレイ、3D対応テレビ、スマートテレビ等がある。

当初液晶ディスプレイはブラウン管テレビに代わり販売されており、インド農村部を中心に販売拡大が見込めるだろう。また上位中流階級の家庭では、液晶ディスプレイからLED液晶ディスプレイへの買替えが進むものと見られる。Frost & Sullivan社によると、インドの農村人口は今後も増え続けて、LCD TVは農村地域で販売網を拡大するであろう。

LED液晶ディスプレイに関しては、省エネで環境にやさしい商品が好まれる世界的な流れにより緩やかながらも堅調に成長していくものと見られる。

一覧に戻る