インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【エレクトロニクス】Lenovo社、新製品発売によりシェア拡大を狙う

大手PCメーカーLenovo社は、20.3cm型と25.4cm型の新型タブレット”Yoga Tablet”を、それぞれ22,999ルピーと28,999ルピーの価格帯で発売した。同製品の発売により、製品ラインアップを6製品に拡充し市場シェアの拡大を図る。

Lenovo India社Director(コンシューマービジネス部門)のShailendra Katyal氏は、同製品の発売記念イベントにて、「IDCレポートによると、タブレット市場における弊社の市場シェアは前四半期の3%から今期には14.3%に伸び、たった2、3か月で我々は市場第2位へと上位した」と語った。

同氏によると、躍進の要因は、プロモーションや流通ルートの強化、さらに今回のような製品ポートフォリオの拡充等への積極投資にあると説明する。同社は、これまで高い業績をあげてきて、成長の余地も大きなB to C事業に注力する。

「2年前、弊社は消費者向けPC市場において約8-10%のシェアを占めており、昨年には13%にまで伸ばした。IDCレポートによると、今年度第2四半期には同市場で第2位の市場地位で、17%のシェアを達成した。法人向けのPCの売上が縮小するなか、消費者向けセグメントは我々にとって非常に好調なセグメントである。」(同氏)

Lenovo India社は、消費者向け事業がインドにおける成功を牽引すると見て、積極的に同社の専門店を増設している。同社は、昨年1,000店余りであった店舗数を拡大し、現在は約1,450店の専門店を展開している。今年度末までには、1,800店舗にまで増やす計画だ。店舗形態は、Tier IとTierII等の都市部向けの大型店舗(約500平方フィート)とその他の地域向けの小型店舗(約250平方フィート)の二種類あるという。

一覧に戻る