インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【浄水器】LG電子、高級浄水器の展開に続き中級セグメント狙う

去年インドで高級浄水器を発売したLG Electronics India社は、同市場の中級セグメントへの参入を積極的に展開していく予定だ。

LG Electronics India社家電部門の責任者、Rajeev Jain氏は「昨年我々はプレミアム浄水器を発売しており、今後は28,000ルピー以上の中級セグメント向けの浄水器を発売し事業を強化する予定だ」と語った。

同社は、デリー首都圏(NCR)においてこれらの製品の試験販売を実施しており、来年初頭にはインド国内の他地域にも展開していく見通しである。

インド浄水器市場における組織化セグメントの規模は、約250億ルピーと推定される。同製品の普及率は低いが同社はこれを潜在力として捉えている。同氏は「当製品のタンクはインドの消費者向けに開発されており、浄水された水を長時間保ち耐久性にも優れるように設計されている。」と語った。

同社は事業展開の第一段階として、自社の販売ネットワークを保有する国内の60都市から展開する予定だ。

同氏は今年の祝祭期の家電製品の売上について「景気低迷にも関わらず、14-15%の成長を記録した」と語った。「国内経済の低迷は、エントリーレベル製品が最も影響を受けているが、当社の製品は中級からプレミアムの範囲に位置するため影響は少ない。」また、同社の電子レンジ製品の市場シェアは2008年の32%から2013年9月には39%に拡大している。

一覧に戻る