インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【石油】シェル バンガロールのR&D拠点を強化

石油メジャー、ロイヤル・ダッチ・シェルはバンガロールのR&D拠点を強化する。

バンガロールにある技術センターにおいて、研究者・技術者を新たに600名採用する。また2015年までに、バンガロール郊外の40エーカーの土地に移転する計画だ。

同社は2006年にバンガロールに技術センターを設立。現在は900名の人員を抱える。技術センターはバンガロールの他、アムステルダム(オランダ)、ヒューストン(米国)に設立されており、それぞれ1,200名の人員を抱えている。本計画によればバンガロールは3年後にはシェルで最大のR&D拠点となる。

同センターは計算科学の中心地であり、大規模データを集積し、複雑な問題を解析する計算モデルの研究等進められているようだ。「例えばイラクMajnoonにある当社の油田地域をモデル化している。これにより、どこに何があり掘削すべきかが分かるようになる」と、この度着任したMatthias Bichsel氏(director of projects & technology)は語る。

同センターでは水関連技術の研究も進めている。石油精製工程では掘削時や精製時等様々な面での多量の水を使用しており、水利用量削減のソリューションが求められているためだ。

同社はインド国内で石油化学製品の精製から製品販売、ガソリンスタンド運営に至るまで様々な事業を手掛けている。

一覧に戻る