インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【電力】Crompton Greaves社、IED製造プラント建設

インド財閥Avantha Group傘下で発電・変電装置を製造する多国籍企業Crompton Greaves(CG)社は、電力システム統制及び監視・制御監理用インテリジェント端末(IED)を製造する新規プラントをバンガロール市郊外のJigani工業団地に建設中だ。新規プラントは4,050平方メートルに広がり、初年度は従業員を30人雇用する予定だ。

新規プラントでは最新の変電所ネットワーク・プロトコル(IEC61850規格)に準拠しており、IEDを用いた制御機器の組立を行い、同社のAutomation Business部門が担う全製品を製造する上でのベースとなる。

同社はZIV社の完全買収により獲得したグリッドオートメーション技術を、同社が持つ他製品に応用・強化を図る。

同社CEO兼マネージング・ディレクターLurent Demortier氏は「当社はZIV社買収を機にスマートグリッド市場での優位性強化と成長を加速する。当社は、ポンディシェリ連邦直轄地域で実施される国内初のスマートグリッド実証実験プロジェクトに参画する。スマートグリッドが整備されることで電力供給が効率化するだろう」と語る。

インドのスマートグリッド市場は今後も拡大が期待されている中、新規プラント建設は周辺地域での需要、インド市場の需要が大幅上昇傾向にあり、この工場がまずその需要に応えると期待されている。

新規プラントの建設により周辺地域での需要に応え、また今後も拡大が期待されるインド全体のスマートグリッド市場においても更なる拡大を狙っていく。

 

一覧に戻る