インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【銀行】インド中堅銀行Vijaya Bank、富裕層向けクレジットカード提供開始

インドのカルナータカ州を中心に展開する中堅の商業銀行Vijaya Bank Ltd.は、富裕層、定期預金保有者をターゲットとして、V-Platinum、V-Privilegeという2タイプのクレジットカードを作成した。

同行の会長兼MDであるH.S. Upendra Kamath氏によると「2013年末までにV-Platinumカード10,000枚、V-Privilegeカード5,000枚の発行が目標」とのことだ。また、通常のクレジットカードは100,000枚の発行を目標としている。同行は2億9千万ルピーを投資している。以前はデビットカードの存在によりクレジットカードが一般的ではなかったが、富裕層や定期預金保有者をターゲットとした様々なクレジットカードを発行することで普及を目指す。

V-Platinumでは利用金額を下限を200,000ルピーと設定し、上限を定めない。カード発行の条件には、本人確認手続(KYC)だけでなく財産や収入も含まれる(Satheesha A.S.氏、同行クレジットカード担当部長)。V-Privilege カードについては定期預金額が基準とのことだ。

 

同行は1931年に設立された商業銀行で、カルナータカ州の農村コミュニティに対して、銀行の利用や貯蓄の習慣を広めることを目的として創業された。

 

一覧に戻る