インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【小売】IKEA社の投資申請、間もなく承認へ

世界的な大手耐久消費財製造・販売メーカーIKEA社がインド外国投資促進委員会(FIPB)に2012年6月に申請していた1050億ルピーの投資申請に関して、FIPBでの協議で検討され承認される見込みだ。ただ120億ルピー以上の申請に関してはFIPB承認に加え、内閣経済問題委員会 (CCEA) での事前承認も必要となる。

IKEA社は1050億ルピーの投資を行い、インド現地に自社製品の販売店を25店舗設立する計画がある。本投資案件が承認されれば外資による単一ブランド小売業への大型参入となる。

 

政府は小売業への外資参入に関して規制緩和の傾向にある。最近ではBritish footwear retailer Pavers England Ltd社等3社の単一ブランド小売業企業に対して投資案を承認している。首相もインド準備銀行(RBI)に対し、投資促進のために金利を下げるように求めている。
規制緩和の動きは小売業だけではない。政府は保険業界においても、外資投資を呼び込むために外資出資比率の制限の引き上げを10月4日に閣議決定している。

一覧に戻る