インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

バンガロールでの結婚式、毎年2600万人分の食糧が廃棄

統計によると世界の栄養失調の子供3人のうち1人がインドという現状がある一方で、インドの結婚式では、栄養失調の子供たち数十万人に提供できるぐらいの量が廃棄されている。

インド農林水産大学の調査によると、バンガロールで開催される結婚式では毎年531の会場で84960回挙式があり、平均的なインド人2600万人分に相当する毎年943トンの食事が廃棄されている。廃棄量は金額換算で約33.9億ルピー相当と推定されている。

結婚式では一般的に、出席者が1000人、結婚式での昼食と、披露宴での夕食の2回である。

また、約10~20品の料理が提供される。一般的に、結婚式での食事は高カロリーであり、一回の食事で子供が一日に必要なカロリーに相当するとのことだ。食事はビュッフェ形式が多く、約2割が廃棄される。

 

インドは国内経済における農業の比率が高く、GDPに占める産業比率も約16%(インド準備銀行2012年データより)と決して少なくはないものの、全人口を支えるだけの十分な農業生産が実現できているとは言い難い状況である。購買力が高い人々のもとに食糧が提供され同時に大量に廃棄されている一方、購買力をもてない人々は十分に食事が取れないという食の不均衡は、各国が抱える共通の問題ともいえる。

 

一覧に戻る