インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【小売】ショッピングモール、スターバックスを優遇し来客数増狙う

ムンバイに出店したスターバックス1号店舗前は大行列だ。

スターバックスは2012年12月末までにデリーとムンバイで50店舗を出店する予定だ。各モール運営者は、スターバックスのような有名店舗を優先的に配置することで、モール来客数の増加を見込む。

スターバックスはAmbienceグループと契約し、グルガオン、バサント・クンジにある2拠点のモールに出店する。グルガオンでは、スターバックスを1階に配置させ屋内外を組み合わせたレイアウトを実現させるために他店舗を再配置する。

スターバックスのような有名店舗の出店はモール来場者数の増加につながり、他店の新規出店にもつながるため、既に出店する店舗を再配置して優遇するモールも多い。

ただしこの動きに対して再配置させられる店舗の中には不満に感じる所もある。中には再配置に伴う補償費用の支払いを検討する運営者もいるとのことだ。

一覧に戻る