インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【小売】小売大手各社、カバンの店内持込を認める動き

インドの小売業界では、万引き防止のため、店舗へのカバンの持込制限や、事前に購入した商品のチェックを行っている店舗が多くみられる。

ZaraやQuicksilver、Diesel、そしてJack & Jonesといったグローバル企業では、既に買い物客に対して店内へのカバンの持ち込みを認めているが、このような取り組みをする企業は例外的だ。

競争が激化する小売業界では「顧客満足経験」が差別化要因として重視されている。今後は店舗内へのカバンへ持ち込めることを「顧客満足経験」を生み出す施策として注目されつつある。

大手企業数社は、カバンの持込制限を見直す代わりに、テクノロジーへの投資とスタッフの教育によって万引きに対応していくことを検討している。

イギリスの調査機関Centre For Retail Research実施の2011年調査によると、インドの小売業界は、売上全体の2.38%が消費者や従業員による窃盗により損失を被っているとのことだ。

一覧に戻る