インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【パーソナルケア】スキンケア、健康・美容市場の成長牽引

インド国内経済成長の鈍化が見られる中でも、健康・美容市場は年率11%の成長を叩き出している。

オイル・化粧品メーカー Blossom Kochhar Beauty Products社のManaging Director: Samantha Kochhar氏によれば、インドの健康・美容市場は都市部を中心に発展しており、年率11%の成長市場である。背景には所得の上昇とブランド志向 の高まりがあると見られている。

国内市場の発展 には 外資系ブランドの参入が期待されるが、併せて消費者側の変化も見られる。「都市部の消費者は製品に求めるものとして、実用性から製品ブランドや自身のライフスタイルへと移りつつある 」とKochhar氏は見ている。

GDPの2.2%相当の1兆3,000億ルピー(2011-12年)である日用消費財市場において、高い成長率を持つ健康・美容市場だが、特に美白クリーム等のスキンケア部門が成長を牽引している( 年率18%)。

人口推計では2025年までに中間層が現在の10倍にあたる5億8,300万人まで増加すると推定されており、「我々にとっては朗報だ」とKochharは話す。

同社はブランド製品Aroma Magicとして、アロマセラピーとテラセラピー取り入れた新たな美容法による製品”Earth to Bottle”シリーズを発売した。

一覧に戻る