インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【小売】インド小売店Shoppers Stop、ソーシャルメディア活用

ムンバイを拠点とする小売企業Shoppers Stopは、同社のポイントカード会員とソーシャルメディア上のファンとの間の相乗効果を活用して、新しいビジネスチャンスの創出を狙っている。

 “First Citizen”と呼ばれる同社の会員サービスは、会費が300ルピー、会員数は270万人(2012年12月時点)だ。「無料のメンバーカードを配るほかの小売業者とは異なり、私たちは顧客から会費を頂いている。私たちは本当に必要としている人にのみ会員になって欲しいからだ。会費があるにもかかわらず、私たちは毎年40万人の新規会員を獲得している」(同社Customer Care Associate and Senior Vice President、Vinay Bhatia氏)

会員の増加と同時に、ソーシャルメディア上のファンの数も増加しており、今日ではFacebookで400万人のファンを獲得している(うちカード会員の半数を含む)。「どちらのプラットフォームにも成長機会があると見ている。私たちはより沢山のファンに会員登録をしてもらえるよう力を入れていきたい。また、双方を連動させるクロスプロモーションにも、大きなビジネスチャンスがあると考えている」(同社“i-Contract”のExecutive Vice-President and Head of Contract Mumbai、Kumar Subramaniam氏)

また、ソーシャルメディアは、顧客の購買行動の理解に繋がると期待されている。「会員カードは購買により顧客行動の理解に繋がる一方で、ソーシャルメディアは購買以外の行動から顧客心理を理解することに繋がる。より長期的に、ビジネスに活かすことができる」(Bhatia氏)

Shoppers Stopは、いまだ発展途上のeコマース事業においても、ソーシャルメディア活用に期待を抱いている。

 

一覧に戻る