インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【小売】Future Group、小売店舗にフランチャイズ導入

Futureグループは、大型店舗よりも身近にある小型店舗での購入を好む消費者層の獲得を狙い、都市部で展開する小売店舗KB’s Fair Priceと農村部で展開するAadharにおいて、フランチャイズシステム導入準備を進めている。Futureグループの再編に伴い、これらの店舗経営は現在Future Bentures Indiaにより行われている

同グループの食品戦略部門ディレクターDamodar Mall氏は「いずれも消費者に身近なストアブランドとして認知されており事業は確立している。フランチャイズを導入しても店主は利益を生み出せるだろう」という。

KB’s Fair Priceはキラナストアのような地域密着型をコンセプトにしており、DelhiやMumbai、Bangalore等に85店舗展開している。

店舗展開については、フランチャイズを導入することにより「Delhiで更に300店舗オープン、その他の都市圏を合わせて500店舗を目指す」(同氏)とのことだ。

KB’s Fair PriceはDelhiにある小売店舗Big Apple(現在38店舗)を買収するが、バックエンド側でのシステムの共同運用は行うものの、生鮮食品が中心である同店までフランチャイズ導入はせず、まずは独立して事業運営を行う模様だ。

Godrejから農村の販売店舗として買収したAadharに関しても、フランチャイズ導入へ向けて現在パイロットテストを行っている。

「セルフサービス店の経営方法と伝統的な商習慣についてトレーニングを行ってきた。Aadharストアへのパイロット導入は終了し、フランチャイズ導入準備はできている」(Mall氏)とのことだ。AadharはGujaratとPunjabにも約100店舗フランチャイズストアをオープンし、事業を拡大する計画だ。

Futureグループはまた、同社コンビニエンスストアを使った食品やパーソナルケア用品部門の自社ブランド販路拡大も狙っており、将来的な売上の30%をコンビニエンスストアで自社ブランド製品での売上を狙う(同氏)模様だ。

 

一覧に戻る