インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【アパレル】ファーストリテイリング、現地大手Arbindと提携しインド進出か

関係者によると、ユニクロを展開するファーストリテイリング社はインド繊維・アパレル大手Arvind社との合弁会社を設立し、インドにて第一号店をオープンする可能性を検討しているとのことだ。地元メディアによると、この件について両社からの発表やコメントはなく、合弁事業の詳細は明らかにされていない。

この合弁事業が実現すれば、現地小売業へのFDI規制自由化に伴い参入したIKEAに次ぐ巨大な外資企業のインド進出となる。同ブランドは日系企業で異例な成長を見せる低価格なカジュアルファッションで、競合トップのZara、H&Mを超える世界一のアパレル小売業を目指す。ユニクロの柳井社長はできるだけ早い店舗オープンを目指している。ユニクロは今後10年でインド市場での10億ドル売上達成を目指した成長プランを発表すると見られている。

 

ユニクロは現地パートナー調査の際に、Arvindの他にもBharti EnterprisesやMadura Fashion & Lifestyle(Aditya Birlaグループ) 、Reliance Brandsの比較調査を行ったとのことだ。

これまで、売上高2億5,000万ドルのArvind Brands & Retailは、Philip Van Hausen(PVH)やTommy Hilfiger、VFとの長期契約を結びこの20年間インド展開をしてきた。ユニクロとの合弁事業はArvind側の売上への影響も見込み、2020年までに20億ドルの売り上げが見込まれる。Arvindはまた自社ブランドの販売に加え、イギリスのDebenhamsやNextとの契約も取り交わしている。

Arvindは世界有数のデニムメーカーとして製造販売を手掛け今期10億ドルを売上げ、利益はおよそ1億8,000万ドルとなる見込みだ。近年には不動産開発事業も開始した。

 

ユニクロの競合大手ZaraはTataグループのTrentとの合弁会社として既にインドに9店舗展開しており、H&MとGapも小売業の売上低迷が三年続く中、インド進出に興味を示している。

 

一覧に戻る