インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【日用品】Unilever、マハラシュトラ州に新工場設立 36億ルピー投資

Unileverは2012年2月、インド・マハラシュトラ州Khamgaonでのアジア初のスプレー式デオドラント製品生産工場を設立することを発表した。投資額は5,000万ユーロ(36億ルピー)だ。この他同社は、タイでのホームケア製品工場の建設(投資額7000万ユーロ)や、南アフリカでのホームケア製品工場の新増設(7,500万ユーロ)計画を発表している。

Pier Luigi Sigismondi氏(同社Chief Supply Chain Officer)によると、「当社サプライチェーンは、安定的かつ利益を生む成長の実現に重要な要素だ。インド工場建設への投資は、事業規模を二倍にし環境負荷を半減させるという長期的な事業拡大計画の一過程だ」という。

マハラシュトラ州の工場では最新技術を駆使し、エネルギー利用効率化と排水ゼロを実現する。これはユニリーバの掲げる目標「生産過程における排水の減少」に沿った取り組みである。同工場で生産された製品はインド国内だけでなく、東南アジア(マレーシア、タイ、シンガポール、ベトナム)など国外へも輸出される。

マハラシュトラ州の工場は2015年までに建設される予定の30の工場の1つである。投資は3年かけて行われ、生産能力も徐々に拡大する。雇用に関しては正規社員150人、非正規社員200人を見込む。

 

一覧に戻る