インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【小売】眼鏡小売Eye Gear Optics、小売店舗をインドTierⅡ・Ⅲ地域に拡充

インドでBen Franklinといった眼鏡小売店を経営するEye Gear Optics社は翌年に現在の130店舗から倍の260店舗展開を計画している。

ハイデラバードに拠点を置く同社は2億ルピーをプライベート・エクイティ経由で調達し、拡大へ向けた資金調達の一部に充てる。「我々は既にいくつかのプライベート・エクイティと交渉の段階に入っており、2、3か月以内に契約を目指している」とRaj Pyla(同社Chairman)は話す。

ほとんどの直販店は同社保有のもので、13州に展開し大型病院と提携している。国内ブランドとZeissやEssilorといった海外ブランドも取り扱っている。

同社は今後3年間で300店舗開業を目指しており、ほとんどがTierⅡ、TierⅢへの展開となるだろう。同社はまた眼鏡とコンタクトレンズのオンライン販売も次年度導入予定である。

Assochamの調査によれば、コンタクトレンズや眼内レンズ、レンズ洗浄用品を含むインド眼鏡市場は、現在の2,100億ルピーから2015年には倍増すると予想されている。同市場は年30%の成長で国外の20%を上回っているが、プレイヤーは非組織部門が主力だ。企業等の組織部門や小売業による売上シェアは全体の25%程度だ。

 

一覧に戻る