インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【社会】インド消費者紛争救済機関、ノキア社に2件の支払要求

Nokia India社は消費者紛争救済機関(Consumer Disputes Redressal Forum)より、欠陥のある携帯電話を販売したことと、故障した携帯電話の修理に失敗したことにより、2名に総額46,500ルピーを支払うように指示された。

ニューデリーを管轄する消費者紛争救済機関はNokia社側の代理人はない状態で消費者側から提出されたサービスセンターの領収書等を含む証憑に沿って指示を出した。

デリー在住のTarun Kumar氏の場合は、彼が23,000ルピーで購入した携帯電話が引き渡された日に機能していないと指摘したことから、30,000ルピーを受け取った。

議長を務めたC K Chaturvedi氏は「今回の場合は、私たちは30,000ルピーの賠償金を認めた。Tarun氏は賠償金の引き上げを望んでいるが、私たちはこの金額が妥当だと判断した」と語った。

イーストデリー在住のSaurabh氏の場合は、彼が14,000ルピーで購入した携帯電話が不良品であり、ノキアサービスセンターでは修理ができなかったため、16,500ルピーの賠償金を認めた。「Saurabh氏の証拠に反論はないため、迷惑や訴訟費用として2,500ルピーを上乗せした16,500ルピーの支払いをノキア社に命じた」と語った。

 

一覧に戻る