インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【FMCG】P&G社、インド・オーラルケア市場展開狙う

Procter & Gamble社は、インド市場においてOral-Bブランドの下で初となる歯磨き粉を発売する予定だ。現在インド歯磨き粉市場は500億ルピーの市場規模であり、現在Colgate社が独占している。

「我々は歯磨き粉市場に参入し、今後オーラルケア事業にてグローバル展開を続けていく」とP&G社CFOのJon Moeller氏はコメントしている。市場では、同社製品で世界最大のオーラルケアブランドの一つである“Crest”がインドに参入するのではないかと見られていた。

同氏によると、インドではオーガニック製品の売上が2013年1-3月期に20%増加した。43期連続で2桁の売上高成長を見せているという。

ここ2年間、P&G社は同社CEOによる戦略の一部として、既存のブランドにおいても高価格帯と低価格帯それぞれで展開しようと進めてきた。

その結果、P&G社の開発途上国における年間売上高が40%を占め、今年末には340億ドルまで到達すると予測されている。これは日用品メーカーにおける開発途上国での売上比率の中で最も大きな数字を示しており、Unilever社よりも50%大きくL’Oreal社、Colgate社などの3倍にのぼる。

同社のインド市場での存在感の拡大が話題となる中で、同社はインドでの3つの子会社合わせて10億ドルの売上を出しているのみであり、インドはP&Gにとって最も小さな市場である。その3子会社は、女性用の衛生用品としてWhisperや 冷え性対策のVicksのブランドで販売しているProcter & Gamble Health & Hygiene社、レザーなどのシェービング製品を販売しているGillette India社、Ariel・Tideブランドの洗剤のメーカーとして有名なProcter & Gamble Home Products社だ。

 

一覧に戻る