インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【小売】インド殺虫剤大手Godrej Consumer社 新型防蚊剤を発売予定

インドでのデング熱とマラリアの流行に晒されるインドではGodrej Consumer Products社が展開している家庭用殺虫剤が広く流通しており、同社がインドネシアで展開している家庭用殺虫剤“Hit Magic Paper ”は大変人気だ。

350億ルピーの市場規模を持つインド殺虫剤市場において、同社は39%のシェアを誇る。新製品の開発や流通網の活用、また継続的なブランド投資などが奏功し、家庭用殺虫剤(電気、コイル、液体蒸気等)の全ての分野において大きなシェアを手に入れている。

同社ChairmanのAdi Godrej氏は、「家庭用殺虫剤分野は売上が28%の成長を見せた」と語る。これはデング熱やマラリア対策の影響が大きく、同市場全体の成長率よりもはるかに高い数字を示している。

同社は“Snuggy”“Goodknight”“Hit”などのブランドを抱えており、これらの製品は、アメリカのSara Lee Corp社との合同ベンチャーを組んで市場に展開している。

同社の家庭用殺虫剤製品は噴霧器、コイル、マット、液体噴射器、ジェルなどの形式のものが購入できる。蚊専用の製品がインドでの殺虫剤の売上のうち90%を占める一方、ゴキブリ用製品による売上は10%に満たない。今年、同社はゴキブリ駆除製品の市場拡大に焦点をあてている。

インドネシアは同社の国際ビジネスにおいて45%を占めている。インドネシアの“Hit Magic Paper”は初め市場に出回っていなかったが、評価が上がり現在は同社の主要製品となっている。

無煙型の製品には香りが付いており、蚊用のcoilよりも安い価格となっている。この形式はインドネシアでの評判がよく、発売から3か月間でシェア8%を獲得した。

同社はまた、紙形式の防虫剤を今年中にインドでも発売する計画だ。この遅れは、インドでの規制によるものだ。

同社製品Hit Magic Paperは3分で燃え、効果は8時間まで継続する、同社はインドにおいてHit Magic Paperを新たな安い防虫剤としてコイルの代替品として利用されることを目的としており、大きめのマーケティング投資を投入して発売・展開される模様だ。

一覧に戻る