インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【映画】Reliance Media Works社 映画館Big Cinemasで小売店舗を併設計画

映画館Big Cinemasを展開するReliance Media Works社は映画館に小売販売スペースを設け、映画事業の他に収益を作り出す計画がある。「Big Cinemasのネットワークを通じて、我々のパートナーとなりうる大手小売ブランドと提携する可能性を検討している」と同社CEOであるVenkatesh Roddam氏は語る。

Reliance Media Works社の直営映画館Big Cinemasを通じて、Reliance ADA Groupは収益を増やし、映画館ビジネスの合理化を進めている。

Big Cinemasは100店舗に計250スクリーンを持つ。マハラシュトラ州には28店舗に計89スクリーンがあり、ウッタル・プラデシュ州には14店舗に計39スクリーンがある。また小売販売スペースでは、靴や洋服などのファッション製品や高級ブランドなども設置できるという。

人々が買い物をする方法は変化しており、将来的には夜中0時~7時の時間帯に開いている必要がある、とRoddam.氏は語る。

例えばレイトショーを観た観客が、映画の中で女優が着ている洋服が気に入りすぐに買いたいと感じた時に、深夜でも映画館内で買うことが可能になる。なお現在、映画館チェーンでの主な収益源は、広告や飲食物ではなくチケット売上だ。

映画館内のスペースには制限があるため、将来的にはBig Cinemasではリアル店舗だけではなく、顧客が自分で買いたい商品を視覚的に選択できるvirtual wallの開発やオンライン形式での販売も、構想段階ではあるが視野に入れている。

映画館を展開している企業としてはBig Cinemasは30%のシェアをもち、競合はPVR CinemasやInoxだ。

 

一覧に戻る