インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【小売】インドKerala Supplyco社、2015年度の売上高500億ルピー目指す

インド・ケララ州公営公社であるKerala State Civil Supplies Corporation (Supplyco)社は、2015年度の売上500億ルピーを目標とし、ハイパーマーケットや配給店舗(Fair price shop)店舗の展開やSabariブランド展開などを計画している。

同社の売上高は2012年度は310.5億ルピーであり、2011年度(263億ルピー)、2010年度(222.8億ルピー)と年々成長している。

同社は現在90店舗の医薬品店や5つの流通拠点を持ち、月次売上は約5,200万ルピーだ。さらに27店舗の医療店舗を展開する計画であり、多くはケララ州北部に開店する予定だ。発表によると、同州KozhikodeやPalakkadに10店舗ずつ、Ernakulamに4店舗、Kottayamに3店舗展開する。

同社の新たなハイパーマーケットKarunagappally、Thiruvalla、 Piravam、Koothattukulam、 Kollamに展開される。Piravamの店舗の建設は2014年9月までに完了する予定だ。

Supplyco社はSabariブランドの下で日用消費財も販売する予定だ。米粉、sambar、rasam powder、チキンマサラ、コーヒー、atta、fortified salt、米ぬか油、低ナトリウム塩などの主要な製品は、近日中に発売予定だ。Sabari Attaは3層パックにて再発売され、KochiのTパックセンターも調整される予定だ。

同社は、太陽光発電設備を整備し、電力消費によるコスト削減を進める。同様の発電設備をKochi本店にも設置する予定だ。

一覧に戻る