インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【浄水器】インドFMCG大手HUL 浄水器分野の製品拡充 幅広い顧客層狙う

インドFMCG大手Hindustan Unilever社(HUL)は浄水器市場におけるシェア強化を狙い、浄水器分野の製品を拡充する。

同社は現在、“Marvella RO water”(価格14,990ルピー)の小型版である“Pureit Marvella RO Slim”(価格10,990ルピー)を販売し、浄水器市場の顧客層の取り込みを狙う。

HUL社水事業部GMの Badri Narayanan氏によると、浄水器事業では当初の想定顧客層は獲得したが、今後4-5年以内に浄水器市場全体を狙う模様だ。

「私達は全階層の顧客を取り込む。一般大衆の層から攻め、市場シェアを拡大したい。それから高所得者層にも訴求し、高性能製品を提供する」(Narayanan氏)

“Pureit”製品は990~14,990ルピーまでの価格帯で販売している。製品種類は“offline ”(non-electricity run)、“ ultra violet” (UV) 、“reverse osmosis ”(RO)の3種類だ。
新製品の投入については、顧客にとって価値がある製品が提供できる時に展開する(同氏)とのことだ。

インド浄水器市場は約350億ルピー規模であり、HUL社の他、Kent RO社やEureka Forbes社、TataグループSwach社などが展開している。

一覧に戻る