インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【日用品】インドFMCGメーカーCavinKare社 ハーバルヘアケア分野を強化

以前Heinz India社の会長兼社長を務めていたN. Thiruambalam氏がCEOを勤める、インドFMCGメーカーCavinKare社は、ハーバルヘアケア分野の強化を検討している。“Karthika”や“Meera”等のヘアウォッシュパウダー、シャンプー製品ブランドと、ヘアカラーブランド“Indica”と共に、同分野の20%以上の成長率を維持する狙いだ。

Nielsen社の調査によると、インド南部地域で大きな存在感を放つ“Karthika”ブランドは、2013年度に34%の成長を記録し、“Meera”ブランドは19%、ナショナルブランドである“Nyle”も22%成長した。

“Indica”は34%の成長を記録したが、“Spinz Deo”の成長はわずか3.8%だった。

軟膏製品で成功したブランドはChikのみだった。小分けした製品を販売し、昨年約2%の成長を記録した。

一方、美白クリームFaireverは、かつてHindustan Unilever社の“Fair & Lovely”に対抗して10%のシェアを獲得した。昨年は南部地域で9%の成長を記録した。

現在、市場規模68.2億ルピーの美白クリーム市場において、3%以下のシェアに留まっている“Fairever”に関しては「近い将来に改良品を販売する」(同氏)とのことだ。

同社によると、市場規模474億ルピーシャンプー市場において、全体の75~80%を小分けされたパックが占めている。1パック50パイサ(0.5ルピー)程度のシャンプー市場において“Chik”は優秀だが、同市場は停滞している。農村部の消費者は“Meera”や“Nyle”のパック製品等といった価格3ルピーのプレミアム製品へ移り変わっている模様だ。

一覧に戻る