インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【日用品】The Himalaya Drug Company社 インド観光地で植物由来製品を販売

The Himalaya Drug Company社は、植物由来のパーソナルケア製品Himalayaブランドの展開エリアとして、インド観光地を狙っている。

ゴア州やケララ州は除き、ウッタラーカンド州Hardwarやウッタル・プラデシュ州Agra、ラジャスタン州Jaipur等の地域では、天然成分を多く含むHimalayaブランドが受け入れられるだろうと見込んでいる。

同社CEOのPhilipe Haydon氏によると、インド観光地を訪れる外国人観光客は、インドがハーブ研究の中心地であることを知っている。また当ブランドが既に92ヵ国で販売されていることも考慮すると、ブランド認知もされており、インド訪門時も探すだろう。観光客の訪れる地域での販売は理にかなっている、と語っている。

同社は、市場規模100億ルピーの洗顔市場において18%のシェアを獲得し、最大の単一ブランドとしての地位を獲得した。なお同社の売上の半数以上は洗顔分野が占めている。現在、市場規模30億ルピーのフェイススクラブ関連市場においても同様にシェア獲得を目指している。また市場規模700億ルピーで多国籍企業が優勢の歯磨き粉市場にも参入する。

一覧に戻る