インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【日用品】インド大手FMCGメーカーBajaj Corp社、ブランド買収によりスキンケア分野を強化

インド大手FMCGメーカーBajaj Corp社はOzone Ayurvedics社の“Nomarks“ブランドを買収後、スキンケア分野の製品ポートフォリオの見直しを図る。

Bajaj Corp社MDのSumit Malhotra氏によると、“Nomarks”ブランドとして10製品が展開されているが、「クリーム、洗顔料、石鹸、フェイスパック分野からは撤退し、ブランド価値を“治療”から“予防”ブランドに拡大する」狙いだ。

インド・スキンケア治療製品市場は市場規模34億ルピーであり、マーケットリーダーはHimalaya社ブランドであり、“Nomarks”ブランドがシェア12%と続く。その他の主なプレイヤーはEraser社、Hindustan Unilever社のFair & Lovelyなどだ。

また市場規模800億ルピーのインド石鹸市場では、競合企業が多いものの“Nomarks”ブランドは買収後も引き続きブランド製品としての地位を維持するだろう。

Bajaj Corp社のヘアオイル製品の販売網は流通業者6,700社、販売店270万店舗に及ぶ。“Nomarks”ブランドも同販売網を通じて展開されることで、同社の売上の18%を占める流通コストも抑えられ、その分プロモーション活動に充てられる。

一覧に戻る