インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【日用品】インド・スキンケアLakme Lever社 3年間で300店舗拡大

インド消費財大手Hindustan Unilever社のスキンケア・ヘアケアサービスを担当するLakme Lever社は、今後3年間で300店舗拡充し、総店舗数を520店まで拡大すると発表した。

同社は主にフランチャイズモデルで運営している。Lakme Lever社社長Pushkaraj Shennai氏によると、現在同社は50都市に渡り200店舗のサロンを運営しているが、店舗の75%がフランチャイズ店舗だ。またサロン135店舗のうちフランチャイズ80店舗が2店舗所有している」と語った。

同氏によると、フランチャイズ展開の場合、規模に応じて一店舗当たり350~400万ルピー投資している。開店後6-8ヶ月で損益分岐点を越え、投資は約4年間で回収される。

同社では運営方法において3つの形式を持つ。主なプレミアム形式のLakme Salons & Studios、トップエンドのLakme Absolute、男女兼用のLakme Ivanaだ。同氏によると、売上の20~25%をブライダルサービスが占めている。

今後の方針について、同氏は「現在の位置付けは、女性向けのLakme Salonsだ。女性向けサロンに対する力は緩めない。当社のトップエンドブランドLakme Absoluteサロンは、DelhiのSouth ExtensionとBangaloreに存在する。間もなくMumbaiのサロンを開店し、男女兼用店舗も開店する」と語った。

一覧に戻る