インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【美容サービス】インドの植毛市場、主要都市を中心に需要拡大の見通し

インドでは近年、有名人への憧れ、外見意識の向上や社会的プレッシャーなど様々な要因が、植毛市場の成長を促進させている。
現在、インドの植毛市場は年間25~30%の成長率で増大しており、主にムンバイ、デリー首都圏(NCR)、チェンナイ、ハイデラバードやバンガロールなど主要都市やTier I都市において需要が拡大している。植毛サービスの主な利用者は25~30歳層である。
調査会社Frost and Sullivan社のAnkit Goyal,氏は、「インドの植毛市場は2012年度で45億3,000万ルピーと推定されており、インドは世界各国でチェーン展開するグローバル企業からも有望市場として注目されている。」と述べる。

植毛サービスを展開するDirect Hair Implants (DHI) Indiaの創設者Viral Desai氏は、インドの植毛業界は非常に興味深いステージにあると述べる。「インドの植毛業界は現在、組織化された大手チェーン企業と個人経営のクリニックにより構成されている。これらの異なる形態の事業体が共存することにより、市場は細分化され多数乱戦の状態である。」

Desai氏によると、近年の利用者は、価格よりも品質や価値を重視する傾向にあるため、サービスが標準化および効率化されているチェーン企業が人気であるようだ。Frost and Sullivan社の調査によると、インドの植毛市場において組織化されたセグメントは、年平均成長率25%を上回る勢いで成長している。

インドでは、髪の毛は男女問わず非常に繊細であり関心の高い分野である。Goyal,氏によると、空気汚染、ストレス、不健康な食習慣、化学物質を含むシャンプーの使用やホルモンバランスの乱れなどの様々な要因により、生え際の後退や抜け毛の悩みを持つ人が増えているとのことだ。

既存サービスでは小胞抽出 (FUE)と小胞移植(FUT)の二種類の植毛技術が提供されている。これまではFUT技術が主流であったが、近年はFUE技術も大手チェーンやFUE専門医により出現している。植毛サービスの価格は、1パートあたり50~200ルピーが相場であり、使用技術や医者・クリニックのネームバリューにより異なる。

Frost and Sullivan社が発表した調査によると、インドの植毛業界は、医者経営のセンターや独立クリニックが80%のシェアを占める。2009年以降、DHI社、Berkowits社、Richfeel Trichology Center社、B Perfect社やADHI社など国内外のチェーン企業が主要都市を中心に展開し始めている。一部のチェーン店は、今後2,3年間にわたり積極的な事業拡大を狙う見通しだ。

一覧に戻る